雑記帳  
このコーナーは文才も無い、知識も無い、手間も無い三拍子揃った工務店のおやじがブログの真似事でたまに思ったこと、思いついたこと、現場のことなど雑多な事を思いつくまま書き綴る雑記帳です。ご笑読下さい。
ご意見・お問い合わせはこちら
2017年11月 >>

 

 

 

 

【続いて秋の話題】 2018年10月13日

 続いて秋の話題です。

今年も秋の味覚「アケビ」をゲットしました。

中身は殆んどが種ばかりですが、山家育ちの私にとっては美味で郷愁を

そそる秋の味覚です。

子供の頃を思い出す懐かしい味を楽しみながら早速いただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【秋本番を感じる】 2018年10月8日

 甘い花の香りが秋の訪れを教えてくれる金木犀、金木犀の香りが

漂って来ると秋本番を感じる今日このごろです。

 

 

 庭の金木犀、今年は夏の猛暑や雨が少なかった影響でか、開花が

遅れ、花数も少ないようですが、いい香りが漂い癒されているところで

す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【明日はお引き渡しです】 2018年10月5日

 

 自然素材で仕上げたソーラーサーキットの家が完成しました。

このお家は長期優良住宅(耐震等級3)の認定を受けたお家です。

最近ではは少なくなった和室もあります。

明日はお引き渡しです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【お家の衣替え】 2018年10月3日

 

 週末には強い台風25号が今回日は本海側を通りそうです、少し早いですが

ソーラーサーキットのお家は床下ダンパーを閉めて小屋裏フアンの運転を止

めて下さい。

ナビシステムのお家は台風通過中は一旦停止して通過後電源入れて自動

運転して下さい。

地熱の恩恵を受けて冬温かく快適に過す為の冬支度、お家の衣替えです。

 今年竣工されたお家は今月一杯位は温かくて(18℃以上)天気の良い昼間

は出来るだけダンパーを明け換気ををお奨めします。基礎コンクリートが未だ

完全に乾燥していませんので、完全乾燥は3年位掛かると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【衣替え】 2018年10月1日

 「アキでぇす」今日は10月1日衣替え、アキの寝床も衣替えです。

冬用のモコモコの暖かいベットを買って貰いました。

早速、試しの昼寝「ふかふかで暖かくて気持ちいいニャン」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

【衣替え】 2018年10月1日

 「アキでぇす」今日は10月1日衣替え、アキの寝床も衣替えです。

冬用のモコモコの暖かいベットを買って貰いました。

早速、試しの昼寝「ふかふかで暖かくて気持ちいいニャン」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【勿体無い事ですが】 2018年9月28日

今日から始まってる建て替え工事の現場、解体工事に着手したところです。

住宅棟、土蔵棟、倉庫棟の三棟を撤去しての建て替えです。

倉庫棟は、お施主様の都合で一月からの着手です。

 解体に先駆けて土蔵の中を片付けたところ奥の方から五振りの日本刀が

でて来ました。

先々代が収集された物のようですが刀剣類の登録証が見当たらず、このまま

所持や持ち運びをすると銃刀法違反になるので警察に連絡して貰い、指示に

従い廃棄ということになったところです。

警察に発見届けをして、県の教育委員会の審査を受けてパスをすれば登録証

が発行され所持、譲渡も出来ますが、興味も無いし申請、審査の費用も掛かり

おまけに錆びも進んでいるので研ぎ上げても元も取れない と言う事で、廃棄の

道を選ばれました。

持ち運びが出来ないので現場で規定通りの長さ(刃先、刃区は8cm中間は15

cm以下)に切断したところです。

 警察に持って行き確認して貰われ一件落着でした。

日本の伝統的な美術品日本刀を廃棄するのは忍びなく勿体無い事ですが

法には逆らえず仕方無い事です。

登録証が有れば受け継ぐ事が出来ますが、残念です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

 

【耐震改修をお奨めします】 2018年9月27日

 現在リフォーム中の現場、断熱改修、耐震改修も併せて行っているところです。

何時来るか判らない大地震に備えての耐震補強工事、住み心地を良くする為の

断熱補強工事、使い勝手を良くする為の模様替え工事です。

万が一に備えて耐震改修をお奨めします。

 

 耐震改修は主に構造合板による補強と天井や床が外れない場合はかべつよし

による補強を使い分けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【床下ダンパー開閉】 2018年9月23日

 今年の9月は雨の日が多く、ソーラーサーキットの家の床下ダンパーの

開閉のタイミングが難しかったですが、夏の間ダンパーを締め切って住ま

われたお家は絶対湿度が下がりだしたので床下ダンパーを開けて、小屋

裏フアンを運転して躯体内に風を通して下さい。

二週間ばかりの期間ですが、仮に木材の含水率が上がっていても十分

乾いて木材が長持ちします。

今朝の温、湿度状況ですが、室内湿度62%室外湿度が84%で相対湿度は

外が高いですが、湿り空気線図で水分量を見ると室内が13g、室外が12gと

室外の方が水分量は少ないので躯体内に入れても大丈夫です。

(上段=室内温、湿度、下段=左から小屋裏、床下、室外の温、湿度)です。

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【下地処理作業】 2018年9月20日

 大詰めを迎えているソーラーサーキットの家の現場、内装仕上げ作業が進ん

でいます。

仕上がりを左右する下地処理作業が入念に行われているところです。

貼り上げる壁紙はビニルクロスは使用せず珪藻土壁紙を貼ります。

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【自然素材の証】 2018年9月12日

 内部造作作業が終わったソーラーサーキットの家の現場、シラスそとん壁の

上塗り作業が始まったところです。

今日は予報で途中小雨が降る恐れがあったので大きな壁は塗れず、雨養生

し易い小面積の壁から塗ってるところです。

塗り上げた壁の色がグレイに見えますが、これは乾くと見本通りに白く成ります。

自然石の粉で色付けをしてるため、水を加えて練り上げるとこの色です、塗装

したものは水に濡らしても色は変わりませんが、自然石を濡らすと色が替わるの

と同じ原理です。自然素材の証でもあります。

自然石での色付けなので先々、色が剥げ落ちることもありません。

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【秋です】 2018年9月5日

 秋です、うろこ雲が出だしました。台風一過、秋の兆しです。

うろこ雲が出だすと気温が下がってきてる合図です、又うろこ雲が出ると雨が

近いとも言われています、上空で暖かい空気と冷たい空気の対流が進み高気

圧が逃げて低気圧や前線が来る前兆です。

秋の気配を感じるのは良いですが、我々仕事の現場ではあまり歓迎できない

雲です。

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【小猫を貰ってもらえないでしょうか】 2018年9月2日

 

 

 お盆の入りの夕方から我が家の庭から離れない野良猫ちゃん、生後7~8ヶ

月の女の子です。

他の野良猫にやられたみたいで両足に怪我をしてビッコをひいていました、消毒

だけは毎日してやっていましたが中々治らず、病院に連れて行き治療と抗生剤を

処方して貰い、漸く傷口が塞がったところです。

家の中に入れて保護してやりたいところですが、我が家にはやんちゃな先輩野良

猫「アキ」が居るので戸惑っているところです。

何方か貰ってもらえるお方いらっしゃいませんかねぇ。

貰って頂ければワクチン接種、避妊手術は此方で行いますので宜しくお願い致し

ます。

お盆の入りに来たので猫好きだった家内の生まれ代わりのような想いもあり無碍

に出来ないところでもあります。

 

 大分成れてきて腹を見せるようにもなっています。

小顔の美人ですよ。

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【トコ柱が建ちました】 2018年8月28日

 ソーラーサーキットノ家の現場、内部造作が進んでいますが和室の造作に

着手したところです。

最近は和室どころか畳みさえ敷かない部屋造りが主流と成りつつあります、

ましてやトコの間等は造らないのが殆んどで技を持つ大工としてはさびしい

限りですが時代の流れには逆らわれないのが現状ですです。

此方のお家は和室が一間あります、本格的な和室ではありませんが、数奇

屋造りと和風モダンを掛け合わせたような造りとなっています。

本格的な床の間ではありませんが、丸窓を設えた地袋が飾り棚風の床の間

となっています。

トコ柱を建てて造作作業に入るところです。

 

 トコ柱は茶室や数奇屋造りで良く使われる面皮付き面取り柱を使って

ます。面を取り柱を細く見せスマートに納める手法です。

面皮付き柱は真直ぐな磨き丸太でないと面の揃った柱となりませんので

磨き丸太のトコ柱より高価に成ります。

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【秋がそこまで来ています】 2018年8月24日

 山陰地方を通過しそうだった台風20号、進路が東にずれて心配していた被害

も無く安堵してるところです。

台風一過、南からの暖かい風フエーン現象で猛暑が続いていますが、もう暫らく

の辛抱です、秋がそこまで来ています。

栗のイガも大きくなり秋の訪れが近いことを感じる今日このごろです。

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【涼しくなりました】 2018年8月18日

 お盆を過ぎ急に朝晩が涼しくなって室内と室外の温度が逆転しだして

来ました。

こういう時はエアコンを止めて窓を開け放し、冷たい外気を取り入れた

方が省エネで快適に過せます。

日中、室外温度が室内温度より高く成ったら窓を閉めてエアコンが必要

に成ったら運転するという住まい方がお奨めです。

相対湿度は室内が59%、室外が64%と高く不快と思われるかもしれませ

んが湿り空気線図で水分量を見ると室内が12g、室外が9gと水分量は少

なく快適という事がわかります。

(温度計、上段が室内温度、湿度、下段が室外温度、湿度)

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【涼んでるニャー】 2018年8月15日

 「アキでぇす」お盆を迎え暑さも少し和らいだけど、フサフサの毛皮を纏ってる

あたいには応えまぁす。

貧乏性のおじさんは、お盆休みも机に向かっています、あたいはその横でおじ

さんに買ってもらった冷や冷やベットで身体を冷やして涼んでるニャー。

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【お盆休みのお知らせ】 2018年8月11日

 本日11日より16日迄お盆休みとさせて戴きます。

打合わせ、ご相談等は事前にご連絡頂ければ対応させて

戴きますのでよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【暑さが和らいだところで】 2018年8月7日

 昨日は立秋、ツクツクボウシも鳴き始めて秋もちかいようです。

厳しかった暑さも一段落といったところでしょうか、暑さが和らいだところで、

ソーラーサーキットの家の現場では外壁シラスそとん壁の下塗り作業を始

めたところです。

ドライアウト現象を避けるため気温が30℃以下に成るのを待っていましたが、

チャンス到来です。

 

 塗り上げると見えなく成りますが、下塗りにはクラック発生防止の耐アルカリ性

のファイバーメッシュを伏せ込んで塗り上げます。

これで外壁に内部より振動を与えないように盆休み明けまで乾燥養生をとります。

 シラスそとん壁の下塗り材はモルタルと違い、水蒸気は通すが水は通さない

防水性と透湿性を兼ね備えてる材です。

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【天井防振吊り木】 2018年8月7日

 

 ソーラーサーキットの家の現場、天井工事が行われているところです。

天井吊木は2階床の振動を一階天井に伝え難い防振吊木を使用してます。

防振吊木の中には防振ゴムが組み込まれており振動減衰効果で高い防振

性が発揮され2階床からの振動音を抑える仕掛けです。

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【基礎外断熱の良さ】 2018年8月3日

 連日35℃超えの猛暑日が続いています。

写真は今日の事務所の温度計です、上段は室内温度、湿度、下段は左から

小屋裏、床下、外気の温度、湿度です。

室内と小屋裏はエアコン27℃設定で運転しています、床下はエアコンなしですが

基礎断熱で地熱の恩恵を受けて25℃台で推移しており基礎コンクリートからの放

射熱で床板はひんやりと気持ち良いです。基礎外断熱の良さが判るデーターです。

(建物面積は76坪、エアコンは14帖用、1階2台、2階小屋裏1台)

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【乾燥養生中】 2018年7月31日

 ソーラーサーキットの家の現場、只今外壁塗り壁下地板の乾燥養生中です。

塗り壁のクラック発生の原因の一つに下地板の狂い、変形が有ります。

使用してる下地板は桧の乾燥材ですが、念のために外気にさらして馴染ませ

乾燥養生中です。

もう直ぐ透湿防水シート、波ラス張りが始まり、盆前に下塗り、盆休み中に下塗り

乾燥養生となる予定です。

 下の部分ビニール養生してありますが、これは長期優良住宅仕様で防蟻処理

剤(無界面活性剤)を塗ってるので雨に濡らさないためです。(今問題になってい

る界面活性剤入りはは透湿防水シートを劣化させます)

この建物の防蟻処理はターミメッシュシステムで完璧ですが長期優良住宅仕様

で二重の防蟻処理となっています。

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【シロアリ対策、ターミチュウブ】 2018年7月28日

 ソーラーサーキットの家の現場、床下の設備配管工事が始まっている

ところです。

 このお家は「長期優良住宅」の認定を受けている為、基礎コンクリートを

貫通する設備配管はさや官方式を採用していますが、さや官とフレキ官

(本官)の間をシロアリが侵入出来ないようにステンレスメッシュのチュウブ

「ターミチューブ」でサヤ官と本官を連結しています。さや官と本官との間

にはゴムパッキンが付いていますがシロアリ侵入防止には完璧とはいえま

せん。ターミチューブはターミメッシュフォームシステムの指定部材です。

 ターミチュウブはさや官に取り付けるターミストップとの組み合わせで

使用します。

 コンクリートに埋まって見えませんが、さや官にはターミストップを取り付け、

配管の隙間からシロアリが侵入出来ないようになっています。

薬剤を使用せず、健康や環境に優しいターミメッシュフォムシステムです。

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【二重屋根効果】 2018年7月25日

 連日の猛暑続きで現場での作業も熱中症に注意しながら行っているところです。

 二重屋根のソーラーサーキットの家の屋根裏温度は外気温と略同じ33.8℃

ですが、同じ敷地内に建つ普通の建物(屋根葺き材は両方とも鋼板)の屋根裏

温度はなんと43.8℃、10℃の違いが有り、二重屋根の効果が表れています。

 棟を包んで仕舞うと判らなくなってしまいますが、棟の中には二重屋根の間の

熱気や湿気を排出して小屋裏内の温度上昇軽減や木材を湿気や結露から防ぎ

家の耐久性を高めるために棟換気部材がセットしてあります。

 正面から見るとハーモニカ状になっていますが只の通気材と違い空気の流れは

妨げないが雨水は通さない防水構造(特許製品)となっているので強風で雨水が

入り雨が漏るような心配は有りません。

値は張りますが一手間掛けることで、家が長持ちして住み心地も良くなります。

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【気密測定(テスト)】 2018年7月21日

 ソーラーサーキットの家の現場、本日は気密測定(テスト)を行ったところです。

 気密測定のタイミングは、外断熱工事が終わり断熱ラインを貫通する全ての

設備配管が完了した時点(完成時と同じ状態)尚且つ万が一気密に不具合が

あった場合、補修が可能な外壁工事が始まる迄が最適です。

今日はお施主様もお休みでしたので立会いをして頂いての気密測定でした。

 測定の結果、C値は11cm2/180㎡=0.06cm2/㎡(測定器は四捨五入で

0.1cm2/㎡表示となっています)と申し分のない超高気密性能となっています。

 超高気密に拘る訳は、いくら断熱材を厚くして机上のUA値を上げても気密性能

が伴わないと実際の性能と住み心地が良くならないことを今までの経験で実感を

してるからです。

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【日除けスクリーンを下ろしました】 2018年7月12日

 梅雨が明け陽射しが段々強くなって来たので窓の日除けスクリーンを下ろし

たところです。

 夏の高気密、高断熱の家の泣きどころは、一旦熱を入れると断熱性が良い分

熱ごもりで室内の温度が下がらず温室状態で暑くなることです。

これを防ぐには窓から熱を入れないことです。特に西や東の窓は屋根や庇では

陽射しが防ぎ難いので注意が必要です。西や東の窓は出来るだけ少なく小さく

が基本です。

如何しても大きい窓を付けたい場合は窓の外側で陽射しをカットできるスダレや

日除けスクリーンの方が遮熱ガラスより有効です。

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【梅雨が明けたようです】 2018年7月9日

 タチアオイの天辺の花が咲きました、梅雨があけたようです。

気象庁も同時に梅雨明けの発表がありました。

いよいよ夏本番です。梅雨は明けましたが、これから温度、湿度ともに上昇

してカビ発生の条件が揃って来るのでカビ発生には注意が必要です、特に

空気を停滞させないように換気には十分注意して下さい。(温度25度以上

湿度70%以上)

高気密住宅で洗濯物を室内干しされる場合はエアコン等で除湿をお奨めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【躯体検査】 2018年7月5日

 

 ソーラーサーキットの家の現場、躯体検査を受けれる工程に達したので

本日は日本住宅保証検査機構(JIO)による躯体検査をうけたところです。

現場は雨で濡れないように、雨養生のブルーシートが張られていますが、

適合判定が出たのでこれで次の工程に進むことが出来ます。

雨に濡れないように一面ずつシートを撤去してサッシ取り付け、断熱材外

張りと成ります。

断熱材SCフォームは水を通しませんので雨が降っても大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【60KN対応ホールダウン金物】 2018年7月4日

  

 明日、躯体検査を受けるソーラーサーキットに家の現場ですが、高耐力60KN

対応 のホールダウン金物を使用しています。

このお家は妻側が南向きで窓を取る為に耐力壁が少なく耐震等級3を得るには

壁倍率を上げる必要が有りました。基準法の仕様規定では5倍までしか認められ

ないので、耐震等級3が得られず、許容応力度計算により壁倍率を7倍にして耐震

等級3を確保してあります。

従ってホールダウン金物も構造計算で50KNが必要となっています。

 

 ホールダウン金物、アンカーボルト(青色)共60KNまでの対応品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【今年の梅雨明けは早いかも】 2018年6月28日

 

 

 現場の足場の間に咲くタチアオイの花、天辺の花が咲くと梅雨明けと

言われ、梅雨明けを知らせる花ですが、もう直ぐ天辺の花が咲きそうです。

今年は梅雨入り宣言は早かったものの、梅雨らしくないあっさりとした天気

が続いていました、一昨日当りから漸く梅雨らしい天気になって来ましたが、

タチアオイの花の様子を見ると今年の梅雨明けは早いかも、後10日もしな

いうちに天辺の花が咲きそうです。2004年の気象状況と似通ってていますの

で満更でもなさそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【二重屋根】 2018年6月25日

 上棟したソーラーサーキットの家の現場、梅雨の雨が降り出すまでに屋根を

と言う事で、日曜日返上で屋根仕舞い作業を行っているところです。

 ソーラーサーキットの家は、夏の暑さや湿気を排出して住み心地や耐久性を

良くする為に二重屋根構造となっています。

先ず一層目の屋根の垂木を取り付け、気密パッキン材を入れ一層目の屋根板

を張る準備をしているところです。

 垂木取り付けは、桁、母屋に捻り金物取り付け不要の風圧に強いタルキック

ビス取り付けです。

 一層目の屋根板を張るところです、一層目の屋根板は構造合板を使います、

我社で唯一合板を使うのは水平構面の強度を高めるために屋根下地と床下地

だけです。

 一層目の屋根板の上に断熱材を張り上げて行きます。

 断熱材は従来製品よりも断熱性に優れた(熱伝導率0.024)カネライト、スー

パーEX60です。

 断熱材の上に気密テープを張り二層目の屋根下地通気垂木を取り付けた

ところです、二重屋根のため破風垂木の納まりは複雑になっています。

 茅負い、広小舞を取り付け、二層目の屋根板を張ります、二層目の屋根板は

熱や湿気に強い無垢の屋根板を使います。

其の上に防音材、防水ルーフィング、屋根葺き材と成ります。

屋根葺き材は多雪地域の為、雪のずり易いGL鋼板タテヒラ葺きとなっています。

下野根があるので断熱取り合い等があり屋根葺き完了には後3、4日掛かりそう

です。

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【上棟しました】 2018年6月21日

 ソーラーサーキットの家の現場、昨日は天気が快復状況であったので

建前作業、上棟を行ったところです。

作業の前は何時ものようにお神酒と塩で四方を清め安全を願って作業開始です。

 建て方開始の頃は霧込んで来ましたが、天気予報を信じてどんどん組上げて

行くところです。

 プレカット加工では見られない、掛矢(大槌)打ち作業です。昔はこの槌音で

大工の腕の良し悪しが判ると言われていました。(施工精度が悪いと響きの良

い音は出ません)

 棟木が上がったところです。

 建方作業無事完了です。

 最後は上棟祝いの餅撒きが行われ、ご近所の方々が沢山集まられ、賑やか

な上棟祝いとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【天気と相談しながら】 2018年6月17日

 

 

 

 ソーラーサーキットの家の現場、天気が良かったので日曜出勤で土台敷き込み

作業を行ったところです。

今の時期の作業は天気と相談しながらの作業と成ります。

 

 コンクリート接地面の土台には気密防水テープを張り、気密保持とコンクリート

からの湿気遮断や結露対策をして土台を腐れから守ります。

 土台は桧120角、継ぎ手は強度の高い、追っ掛け大栓継ぎ仕様です。

 これで、あと先行足場を組み、材料搬入、上棟と成りますが、上棟は天気と

相談しながらに成ります。

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

 

【TM7施工】 2018年6月13日

 ソーラーサーキットの家の現場では、薬剤を一切使用しないシロアリ防蟻工法

ターミメッシュフォームシステム「TM7」の施工を行っているところです。

 基礎の外側に張られた断熱材からシロアリが侵入出来ないように軟質塩ビフイ

ルムを熱融着させた防蟻シートを専用の接着剤張り付け、ターミパージ(既調合セ

メント、混和材)で塗り固めているところです。

明日はこの上に専用の基礎保護モルタルを塗り、最後に仕上げモルタルを塗り

完成です。

目に見えないところで手間、コストが掛かりますが理想的な防蟻工法です。

 

 

 設備配管周りもコンクリート埋め込み部分にステンレスのターミストップを取り

付け地中からのシロアリ侵入を防ぎます。

 理想的なシロアリ防除は、住む人の健康や(特に高気密住宅での薬剤使用は

注意が必要です)周りの環境に害が無いこと、建物の一般的な寿命と同等に性能

が持続することが大事です。(薬剤防除は5年しか効果無し)

其の理想をクリアしてるのがターミメッシュフォームシステム「TM7」です。

「TM7」はソーラーサーキットの特許工法で認定施工士でないと施工出来ません。

(伊東工務店には3人の認定施工士が在籍)

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【「ゴメンんなさい」】 2018年6月11日

 「アキでぇ~す」久々の登場でぇ~す。

最近お気に入りの居場所はおじさんの椅子の上です。

おじさんが席を外した隙に居座ってまぁ~す。

おじさんは仕方なく小さなイスを隣に持って来てブツブツ言いながら

仕事をしてます。「ゴメンなさい」

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【高耐力アンカーボルト】 2018年6月9日

 写真はホールダウン用のアンカーボルトです。

上の青いボルトが高耐力、下のメッキボルトが普通のアンカーボルトです。

普通のボルト(径16)は引き抜き耐力30KN迄ですが高耐力ボルトは倍の60KN迄

対応出来ます。

 今回のお家は50KN、40KNのホールダウンを設置するので4箇所の高耐力ボルト

を使用しています。

右側青色が高耐力、左側メッキが普通ホールダウン用アンカーボルトです。

 

 30KN以上のホールダウン金物を使う場合はホールダウンアンカーボルトの選定

にも気をつけないと下のようになります(日経ホームビルダー記事より)

 アンカーボルト選定もですがアンカー埋め込み深さ不足も重要です。

径16のアンカー埋め込み深さは360以上です、良く見かけますが立上り高さ300

の布基礎には使用できません。

建物の荷重等で一概には言えませんが、基準法の仕様規定の簡易計算で求め

たN値ではOKでも許容応力度計算で求めたN値では対応出来ない場合が多々

あるので安全の確認が必要です。

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【墜栗花(ついりばな)】 2018年6月6日

 山陰地方も梅雨入りが発表され梅雨入りした模様です。

 栗の花も落下しだしました、昔から栗の花が落下しだすと梅雨に入ると言

われていますが、満更間違いではなさそう、気象庁の発表とドンピシャです。

 栗の花は「墜栗花」(ついいりばな)つゆいりばなとも言われています。

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【本当の大工不足】 2018年6月4日

 今朝の新聞記事です。

プレカット工法の普及などの要因で大工が20年前の半数以下になり、在来

工法による家屋の修理などでは技術を持つ大工の存在が不可欠で担い手を

確保する支援策を官民連携で考える時期に来ていることを記事は伝えている。

同感ではあるが遅きに失した感は否めない。後五、六年もすればいよいよ深刻

な状態になる。利益や速さ合理性だけを求め続けた付けが回って来ている。

 現在、大工と言っても、プレカット工法による部材を現場で組み立てるだけの

組立工が多くを占め、全て手作業で仕上げる伝統的な在来工法の技術を持つ

本当の大工は減少しているのが現状です。

在来工法による建物は地域に数多く残つており、修繕の場合は技術や構造を

理解した大工が必要となり、家を守る上で技術を持つ大工は欠かせない存在

とななるのは眼に見えています。

 現在、我社の加工場ではソーラーサーキットの家を社員大工により手刻み加工

で作業が進んでいるところです、楽をして儲かるプレカットに走りたいところですが、

家守をする技術を伝承する為に地場の小さな工務店がささやかながら頑張って

いるところです。

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【配筋検査】 2018年6月2日

 ソーラーサーキットの家の現場、本日はJIO(日本住宅保証検査機構)による

基礎配筋検査を受けたところです。

検査の結果は指摘事項なしで問題なく合格でした。これで梅雨入りまでにタイ

ミングよくコンクリートを打設できそうです。

 

 検査の結果は写真を撮り保存、お引き渡し時に報告書としてお施主様にお渡

しします。

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【床下ダンパー閉めて下さい】 2018年5月31日

 今年の梅雨入りは少し早くなりそうです。

来週の初めには梅雨入りすると思われます、ソーラーサーキットのお家は

床下や壁内を湿らせないように、梅雨が明けるまで一旦、小屋裏フアンの

運転を停止した床下ダンパーを閉めて下さい。

ナビシステムのお家は「梅雨モード」に設定して下さい。

外はジメジメでも家の中はサラサラで暮らせるシステムです。

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【防草対策】 2018年5月29日

 最近、庭園をお持ちのお客様から「高齢になり草取り作業等が出来なくなり庭が

草だらけになり大変だが何か良い方法が無いだろうか?」と言うご相談を受ける

事が多くなった。

 此方のお宅も草ぼうぼうでしたが、上土を漉き取り防草シートを敷き込み、シート

押さえに玉砂利、庭園砂を敷き詰め枯山水風に仕上げました。

築山部分は古瓦で山止めを造り、玉砂利が雨で流れ出ないよう工夫してあります。

これで当分草は生えないので管理が楽になると思います。

 

 (こういう仕事もしています)

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【梅雨入り間近】 2018年5月27日

 九州南部は梅雨入りした模様ですが、出雲地方も梅雨入り間近のようです。

白い栗の花が咲き誇っていますが、此花が落ちだすと入梅と言われています、

そろそろ落ちそうな雰囲気です。

鬱陶しい梅雨が始まりますが、カビ等が発生しないように、通気や除湿に気を

つけて暮らしたい季節になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【ETP-G工法】 2018年5月18日

 ソーラーサーキットの家の現場、今年の大雪やお施主様の転勤等で着工が

少し遅れましたが地盤改良工事に着手したところです。

 今回は地盤の状態からセメントや砕石の柱状改良では対応出来ず鋼管杭

による地盤改良となりました。

 この地域は多雪地域の為二階建てですが、積雪を考慮して三階建て重量の

30kN/㎡で設計してあるので、支持力を増すため鋼管杭の先端に円盤状の翼

を付けたETP-G工法での施工です。

 施工機械は施工記録(トルク値、深度、押込み力、回転数等)が測定出来る

管理装置付きの建柱車での作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【木材自然乾燥】 2018年5月14日

 作業場ではソーラーサーキットの家の構造材を自然乾燥を行っている所です。

厚い桟木で積んで風通しを良くして送風機を可動してます。

 強制的に水分を抜く人工乾燥は木の油分も一緒に抜いてしまい、木の組織が

壊れ、木の本来の良さが失われてしまうので、出来る限り自然乾燥に拘ってる

処です。

人工乾燥材は初期の強度はありますが対応年数は30~35年と言われています。

せめて樹齢くらいは長持ちする木材を使いたいものです。

 

 

 

 含水率も20%を切ったのでそろそろ刻みに着手出来そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【GWは退屈だニャァー】 2018年5月5日

 「アキでぇ~す」GWは静かな事務所で日向ぼっこ三昧でぇす。

 午前中は南側の出窓がお気に入り

 

 気持ち良くなって眠たくなったニャァ~

 午後は西側の窓に移動、お気に入りの紙袋の中で日向ぼっこ。

 

 またまた眠たくなってきたぁ~

 

 GWは退屈だニャァ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【ホールダウンアンカー埋め込み長さ】 2018年5月3日

 休日の犬の散歩は何時ものコースではなく、色々なコースを歩く。

たまたま通りかかった住宅の工事現場、仕事柄如何しても眼が行ってしまう。

基礎の立上り部分のコンクリート打ち込み前の状態でホールダウンアンカー

ボルトが埋けてあるが、明らかに埋め込み長さが不足してるのが窺える。

 

 

 ホールダウンアンカーボルト(M16)は埋め込み長さ360mm以上(2・5t以下)

と成っている(3・5t以上はL=3500/(1.6×14×3.14=49.8mm以上となる)

立上り型枠300なのでコンクリート290mmとすると70ミリの埋め込み不足と成っ

ている。

こういう場合はベースコンクリート打ち込み時にアンカーを埋けて埋め込み

長さを確保するか、埋め込み長さが短くて済む異型アンカーを使用しなくては

ならない。 (後者の場合は基礎幅、コンクリート強度に条件有り)

 

 埋め込みラインを示す目印が基礎天バとなるラインより上にあり埋め込み

不足が判る。

これで土台を敷いて仕舞うと目印ラインは見えなくなり施工不良は判らなく

なってしまい、瑕疵担保の躯体検査もパスしてしまう。

大きな地震時には耐力不足でアンカーが役立たず倒壊に至る場合もあり

得る。

重要な処だが設計管理者、現場管理者、基礎屋、誰も気付かないのか?、

気が付いていても知らん振りなのか?、いずれにしても不幸なことである。

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【GW連休のお知らせ】 2018年4月29日

 GW連休のお知らせです。本日より5月6日迄GW連休とさせて戴きます。

打合わせ、ご相談等は事前にご連絡戴ければ対応させて戴きますので宜しく

お願い致します。

 

 

 庭の平戸ツツジが満開です。今年は花芽が付くまでに剪定をしたので良い花が

咲き花見を楽しんでいます。

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【ダンパー開け時です】 2018年4月24日

 山ツツジの花が咲き終わり、庭の平戸ツツジの花が咲き始めました。

平戸ツツジの花が咲いたら、ソーラーサーキットのお家は床下ダンパーを開けて

冬向きの省エネから夏向きの省エネに切り替えるお家の衣替えです。

 

 床下ダンパーを開けて小屋裏フアンを弱運転(暑さを感じるように成ったら

強運転)して下さい(小屋裏ダンパーのお家は小屋裏ダンパーを開けて下さい。

ナビシステムのお家は電源を入れて自動にセット、メインダイヤルを初夏に合わ

せて下さい。

H28年6月以降のナビシステムはカレンダー機能が付いていますので自動に

セットしてあれば自動運転します。

壁内を通気する事で熱ごもりを抑え、壁からの放射熱が下がり体感温度が低く

なり爽やかに成るとともに風を通すことで躯体の木材を長持ちさせる効果も有り

ます。

雨があがる26日以降が開け時です。

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【タブの木の床が出来上がりました】 2018年4月20日

 リフォーム中の現場、玄関ホールのタブの木で造った床が出来上がりました。

このタブの木は過ってこのお家の庭に生えていたのを伐採製材した物を使わさせ

てもらいました。

15年ばかり経っていますが、ある程度は狂うことを予想して厚めの75ミリで製材で

製材しましたが、あまり狂いは無く70ミリに仕上がったので、あえて框は付けずに

板厚を見せる蹴込み納まりとして重圧感を出しました。

今までは式台が無く段差が高くて上がり降りが不自由でしたが、今回は式台も造っ

て上がり降りの不自由も解消できました。

このお家に生えていた一本のタブの木で造った玄関ホール床は滅多に無い値打ち

物です。

又、近頃はこういう仕事も滅多にさせて貰えませんので、大工の腕が鈍らないよう

に良い仕事をさせて戴きました。

 

 

 床板のの取り付けは表面から釘や金物を見せないように裏側から細工をして

います、

床下に潜る為の点検口の地袋も設けました、この材や建具も全て一本の木から

木取りして造ったものです。

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【山桜も咲いてます】 2018年4月16日

 

 

 庭の山桜もさいています。

ソメイヨシノ等の里桜の花が散り若葉が出揃う頃に、葉っぱと花が同時に

開くのが山桜です。

毎日、ダイニングの窓から食事をしながら眺めて山家の雰囲気を楽しんで

います。

 山桜の花はソメイヨシノ等の里桜のような華やかさはありませんが、山の中で

ひっそりと咲く上品な花です、控え目な高尚な花が好きです。

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【山ツツジが咲き出しました】 2018年4月15日

 サクラが一気に葉サクラとなり出したところで、山ツツジが咲き出しました。

 

 山家育ちの相でしょうか、山ツツジが欲しくて去年造った玄関アプローチの

庭に植えた山ツツジも咲き出し春の移ろいを感じてる今日このごろです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【タブの木その後】 2018年4月12日

 タブの木その後です。

板幅が60cmと広いので手加工です、機械加工出来ると楽なんですが我社の

加工機は幅50cmまでしか入りません。

 一枚一枚、木取りをして荒削りしたところです。

 裏側からボルト締めをして繋ぎ合せます。

 仮組立てが完了したところです。

 仕上げ削りをして現場で本組立て、式台を取り付けて完了と成ります。

全て一本の木から採った共木仕上げです。

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【未明の地震】 2018年4月9日

 未明の地震はすごい揺れでは驚きました。棚の物が少し落ちる程度で建物には

被害は無く安心してるところです。

出雲は震度5弱となっていますがそれ以上に感じました、出雲の地盤は堆積層が

厚く揺れやすいというところがあります。

今までの地震で一番揺れが大きかったように感じました、大きな余震も何回とあり

眠れませんでした。

おまけに我が家の愛犬「ロン」は気が小さく雷や大きな風雨の音が大の苦手で夜は

私の部屋で一緒に寝ていますが、今回のような大きな地震は初めての体験なので

驚いたらしく、朝まで部屋の中をウロウロ歩き回り寝せませんでした。

苦手が又一つ増えたようですが、お陰で此方も寝不足です。

くたびれたのか昼間は事務所の床でゴロ寝をしています。

 

 震度5強、隣の大田市では倒壊等は余り無いものの、古い建物の屋根瓦や

外壁の脱落、水道管の損傷等の被害が多数出てるもようです。

新しい建物でも内壁クロスの亀裂発生がかなりあるようです。

山陰地方の地震は連続して起こる癖があるので暫らくはは注意が必要です。

更に強い地震発生もありうるかも知れません、東海や南海地震の引き金にな

らなければよいですが・・・・

こういうのを目の当たりにすると、耐震等級3は必須、揺れを軽減させる制震

装置はキッチン、バス、トイレのグレードを削ってでもお奨めしたいところです。

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【タブの木】 2018年4月3日

 

 

 

 素人目には只の汚らしいだけの板に見えるかもしれませんが、今では中々

手に入らない銘木、赤タブの木の板、磨けば光る一品です。

 現在リフォーム中の現場で使用するために倉庫から引っ張りだしたところです。

15年ほど前に此方のお宅で離れの住宅を建てさせて戴いた時に邪魔に成った

タブの大木を伐採して製材保管していた物です。

自然乾燥で十分に乾燥していますので今回、母屋のリフォーム工事で玄関ホー

ルの床板に使用します。

幅は60センチ前後厚さは65ミリ程度に仕上がります、わざと木口を出して重厚

感のある玄関ホールの床に仕上げたいと思っています。

加工は大変ですが、大工の腕の見せ所、見違える板に化けるのが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【満開です】 2018年3月31日

 

 

 朝の散歩コース、一の谷公園の桜の花が満開です。

去年より9日早い満開です。

 

 未だ人影の無い公園の桜の花を犬と二人連れで楽しんで来たところです。

だんごは無かったですが(笑)

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【完成しました】 2018年3月30日

 外断熱二十通気ソーラーサーキットの家が完成しました。

外壁は自然素材100%メンテナンスフリーのシラスそとん壁塗り仕上げです。

設計住宅性能評価は耐震等級3、構造躯体の倒壊防止、損傷防止共(許容

応力度計算) 断熱等級4(UA値0.47)   気密性能C値=0.1cm2/㎡

 

 

 内部、床は桧無垢フローリング張り、壁天井は珪藻土クロス張り、造作材、建具は

杉無垢オーダー仕上げとなっています。

 

 

 玄関はこじんまりとシンプルに纏めた玄関となっています。

奥はサニタリースペースやキッチンにも繋がる玄関収納兼内玄関です。

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【春を実感】 2018年3月25日

 今日の日射で事務所の中はオーバーヒート気味、夕方5時半の温度計ですが

27℃越えです。(下段は外気温度)

室内湿度が34%で気になるかも知れませんが、絶対湿度で見ると水分量8gと

許容範囲で爽やかです。

寧ろ外の湿度39%は水分量4.8gと乾燥気味で注意です。

 事務所の中の桜の花は次々と咲き満開間近です。

 桜の花を見ると春を実感です。

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【足場が取れました】 2018年3月22日

 ソーラーサーキットの家の現場、天候が悪く外壁仕上げ塗が出来ず足場が

取れませんでしたが漸く取れました。

これから外部整地、ハウスクリーニング、行政完了検査等を行い今月末完成

4月2日引渡しの予定です。

工期ギリギリ一杯でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【桜の花が咲きました】 2018年3月20日

 

 外の桜は未だ蕾が硬いですが、暖かいソーラーサーキットの家の中に生けた

桜は少し白っぽいですが一足早く花が咲きました。

自然の植物は正直ですね、もう直ぐ満開です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【アキでぇ~す】 2018年3月15日

 最近、別嬪になったと言われる、アキでぇ~す(お世辞でも嬉しいニャン)

 キャットウォークで毎日運動してスマートになったかなぁ。

 おじさんの机の上の天井梁がお気に入りの場所です。

 梁の上からおじさんの仕事ぶりを監督してまぁす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【春です↑↑↑】 2018年3月13日

 春です、地を割りフキノトウが顔を出して来ました。

春の息吹を感じる今日このごろです。

 玄関にもフキノトウを設え春の雰囲気を楽しんでるところです。

 これは本物ではありません、樹脂粘土細工の置物です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【シラスそとん壁仕上げ塗り】 2018年3月12日

 ソーラーサーキットの家の現場、自然素材100%メンテナンスフリーの塗り壁

「シラスそとん壁」の仕上げ塗り作業が行われているところです。

天気が悪かったり、なかなか気温が上がらず仕上げ塗り作業が出来ず、ヤキ

モキしていましたが今週は天気が安定してるようでチャンスです、一気に塗り

上げる予定です。

最低気温5℃以上、塗り付け後36時間は雨に遭わせないと言う条件があり中々

難しいですがこれからの季節入梅までは最適の塗り壁日和が多くなります。

 

 塗り付けた後は水引具合を見てパターンを付けて行きます。

この塗り壁は目地無しの一面仕上げとなるので、壁の途中で塗り継ぎは

出来ないし、パターン付けまで一気に仕上げますので途中で休憩も出来

ない為、左官屋さんには嫌われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【換気フイルターは早めのお取替】 2018年3月9日

 換気フイルターは早めのお取替をお願い致します。

昨日お伺いしたお宅では花粉シーズンが過ぎてから替えるつもりだと仰って

いましたが、念のために点検させて戴くと真っ黒に目詰まりで限界状態でした。

新しいフイルターに取替させていただいたところです。

 

上の白いのが新品下の黒いのが使用済みですが、汚れ過ぎです

せめて濃いいグレー位の時が替え時です。

フイルターは健康のためにあまりケチらずに取り替えて下さい。

少なくとも4ヶ月に一回が目安です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【手摺り色々】 2018年3月6日

 手摺りの形状も色々で標準は既製の丸手摺りですが、今回の現場は

お施主様のご希望でスッキリしたシャープなスタイルが良いと言う事で

平角の手摺りにしたところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【内装仕上げ作業】 2018年2月28日

 完成が近いソーラーサーキットの家の現場、内装仕上げ作業に取り掛かって

いるところです。

外壁の仕上げ塗り作業は、もう少し気温が上がってから来週の中以降になる

予定です。

塗り壁の泣き所は天気や気温に左右され何時でも施工出来ないところですが

これから梅雨に入るまでは最適な時期に成りますので安心です。

 

 張ってる壁紙はビニールでは無く、吸放湿や消臭効果のある珪藻土壁紙です。

下地のピンクのボードは、発生する有害物質を吸収分解して最放出させない

ハイクリーンボードを使用しています。(有害物質は建材に限らず家具等も考慮

しなければなりません)

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【春がそこまで来てるようです】 2018年2月25日

 犬との散歩、日曜日の今朝は遅めのスタートでしたが、「ホー、ホケキョ」鶯の

初音を聞くことが出来ました。春はそこまで来てるようです。

 

 もう直ぐ上巳の節句(雛祭り)、早速玄関のニッチにミニチュアですが雛飾りを

して春の訪れを待ってるところです。

 

 

 上が女児のひな壇飾り、下は男児の天神飾りです。

 出雲地方では昭和初期頃までは男児が生まれると、息災、出世を願って

上巳の節句に天神を送る習慣がありました。

土で造られていますので「出雲の土天神」と呼ばれています。

我が家も今年は初節句、お出ましいただいたところです。

 出雲藍染に縫い付けたミニュチュアの女児の雛段飾り。

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【久々の登場です】 2018年2月20日

 アキでぇ~す。久々の登場でぇ~す。

 

 

 お家買ってもらいましたぁ。

在庫特価で1900まんえんだったそうで~す。

 屋根も壁も断熱材入りでとても暖かく直ぐ眠たくなりまぁす。

 今まではダンボールのお家だったので、おじさんが見かねて買ってくれました。

 

 御礼にコピーのお手伝い(本当は出てくるコピー紙を狙ってるだけ)

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【杉の花膨らむ】 2018年2月16日

 春よぉ来いはいいけれど、一緒に来てほしくないのがスギ花粉、杉の花は

そろそろ出番だとスタンバッテいます。

杉花粉の飛散開始は1月1日からの最高気温の累計が400℃に達したら始

まると言われていますので、もう直ぐです、現在280℃位ですので月末位から

飛び始めるでしょう。

花粉症の方は早めに対策をとりましょう、今年は花粉を水に替えるようなマスク

もでているようです。

 

 朝の散歩コースの杉の木も朝日を浴びて黄金に輝いています、

見てるだけで花がムズムズしてきます。くわばら、くわばら。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【春一番】 2018年2月14日

 今日は去年より8日早く春一番の訪れです。

暖かい南風で屋根の雪も殆んど溶けましたが、風の当らない前の池は未だ氷が

張ったままです。

春一番が来て未だ氷が張ってるという光景は出雲では珍しいですね、もう寒波は

たくさん、早く来い春よ来いです。

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【水栓柱保温について】 2018年2月10日

 昨日の朝は気温がマイナス8.5℃まで下がり、凍結による水道管破裂

事故が多発したようです。

水道屋さんは今日もてんてこ舞いで対応しておられるようです。

我社でも何軒か対応させて戴きましたが、多かったのが外に立つ塩化ビニル

製の水栓柱の破裂でした、皆さん水栓(カラン)の部分はタオル等を巻きビニ

ール袋で覆っておられましたが立上りの柱の方が破裂していました。

市道屋さん曰くマイナス4℃を下がると柱の方も被覆しないと危ないそうです。

破裂したのは皆古い水栓柱でしたので中の保温材のウレタンが劣化してたか

も知れません。

予報では又来週も寒波が来るようですので、外の水栓柱にはご注意下さい。

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【積雪45センチ】 2018年2月8日

 雪国の方が見られれば笑われるかもしれませんが、今朝は積雪45センチ

えらいことです。

普通積もっても20センチ止まり、出雲にしては久々の大雪です。

 車は四駆でないと動けません。

 事務所への通路も雪かきしたところです。

 物置の屋根、お隣の屋根もこの通り、まるで雪国です。

 前の池も雪が積もって真っ白、近くの川にでも避難したのかカモ達の姿も

見えません。

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【再び寒波襲来】 2018年2月5日

 立春を過ぎ多少寒さも和らぐと思いきや、再び寒波襲来です。

夕方6時現在、外はマイナス1℃と成っていますがこの間の寒波より多少

暖かいようで、前の池も今回は凍っていません。

この寒さでインフルエンザが猛威をふるっているようですのでお気をつけ下

さい。

感染予防は先ず手洗いが一番のようです。手から口、鼻からの感染パターン

が多いようです。こまめに緑茶で喉を潤すのも効果あるそうです。

室温を上げると湿度が下がるので加湿器で湿度を上げるのも重要です。

又、こう寒くなると高齢者の低体温症の方が増えるそうです、今日メンテナンス

で伺ったお医者様のお宅で先生のお話では「、寒い家で暮らして居られる高齢

者が多くてかわいそうですよ」と仰って居られました。

やはり健康で長生きするには、家の断熱、気密は需要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【鬼を食べました】 2018年1月30日

 もう直ぐ鬼ハ外、福ハ内の節分ですが一足早く鬼退治、鬼を食べました。

と言っても生菓子の鬼です。(笑)

お客様の手土産で頂いたものですが偶然、菓子職人の義弟が造ったもの

でした、義弟が勤める出雲「いしはら菓子舗」の生菓子です。

 なかなか愛嬌のある鬼で子供も喜びそうです。

外側はきんとん、中は小豆の粒あんで甘みのある大納言が混ざり味が

しっかりしていて美味しいです。

目玉の黒ゴマの付け方で表情が変わるので面白いですね。

期間限定で今週一杯ぐらいの販売と思いますので、興味のあるお方は

出雲「いしはら菓子舗」でお求め下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【現場で打合わせ】 2018年1月28日

 今日は日曜日で大工さんは休みなので、お施主様との打合わせは

現場で行いました。

やはり現場を見て戴いた方が何かと解り易いので都合が合えば現場

で説明をしながらの打合わせです。

フローリング張り施工中の床を見て「ゴミのような物が沢山落ちていま

すがあれは何ですか」とお施主様から質問を受けました。

よくある質問ですが、フローリングを若干の隙間を取りながら張るための

パッキン材です。

無垢のフローリングは生きていますので若干の伸縮が出てきます、其の

為きっちり突きつけて張ると後で膨れ上がりや床鳴りの原因になるため

名刺一枚分位の隙間を開けながら張り上げて行きます。

無垢材は細心の注意と手間をかけて施工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【暖かい現場】 2018年1月25日

 

 ここの処の寒波襲来で寒い日が続いているところです。

現場の外は1.5℃、昨日は氷点下で防火バケツにも氷が張っていました。

 ソーラーサーキットの家の現場は未だ内壁ボードは張って有りませんが

暖房無しで10.5℃と外に比べれば暖かく、大工さん達は快適に作業を

進めています。

 

 

 

 

 

 

 外のポーチ土間コンクリートの表面温度は-0.2℃ですが内部床下のベタ

基礎のコンクリート表面温度は基礎断熱と地温の恩恵を受けて9.2℃となっ

ています。

未だ生活をしていないのでこの温度ですが生活を始め熱源が入るようになる

と外が氷点下でも14度前後を保ち省エネに貢献します。

夏は逆転で外が30℃を越えても25℃前後を保ち輻射熱で冷房の手助けとな

ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【地盤調査】 2018年1月20日

 

 既存建物解体後、 積雪の為に遅れていたソーラーサーキットの家の現場の

地盤調査、雪が溶けたところで地盤調査を行い立会いをして来たところです。

正式な調査結果は出ていませんが、現場で調査モニターを見るかぎり、予想

通りあまり良い地盤ではない様です、今回は地盤の状況で砕石や柱状改良は

無理で鋼管杭工法となりそうです。

石ガラが多く調査ロッドが破断するハプニングもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【仕事開始】 2018年1月12日

 インフルエンザの症状も漸く治まり今日より仕事開始です。

9日から机には向かっていましたが、頭がボーとして思考力が無く仕事になりま

せんでした、今日から本格的に仕事を開始したところです。

寒波に見舞われ外はかなり気温が下がっていますので成るべく外出を控え体調

を整えたいと思います。

 可愛そうに池のカモ達も寒波で氷に閉ざされています。

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【インフルエンザでダウン】 2018年1月8日

 インフルエンザでダウンしてます。4日からの発症です、あまり高熱が出な

かったので風邪と思っていましたが念のため6日朝病院に行き検査の結果

B型インフルエンザと判明、直ぐにイナビルを処方して貰い思ったより高熱は

続かず、楽でしたが微熱は中々下がらずファファしています、10日は支払日、

会計担当の次男は私より重症で未だ食事も取れない状態ですので、私が替わ

りに朦朧とした頭でボチボチ準備に取り掛かっているところです。

長男は出産で里帰りしてる嫁さんの実家に行っていて無事です。

明日から営業開始ですが、マスクでの対応させて戴きますので悪しからず宜し

くお願い致します。あいさつ回りも少し遅れますがご了承の程お願い致します。

とんだ正月休みと成りましたが、神様がたまには休養を取れとのお告げと解釈

しています。正月休みに仕事をしなかったのは開業以来はじめてのことです。

 窓から見える池のカモも休んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【禅定寺山(鍋山)】 2018年1月3日

 正月は実家に行って来ました。

実家は禅定寺山の麓にあります、普段はゆっくりと山を眺める余裕は有りま

ませんが、正月はゆっくりと子供の頃を思い出しながら庭先からカメラに納

めたところです。

禅定寺山は雲南市三刀屋町鍋山地区に在り天台宗の古刹、慶向山禅定寺

が在る山です。

別名「鍋山」とも言われています(出雲風土記には「奈部山」と記載されています)

禅定寺では「弥山」と言い仏教信仰の対象でもあります。

禅定寺山は標高372.8m何処から見ても鍋を伏せたような姿の山です。

山頂から100mばかり下の実家から見ると小さい山のように見えますが、

日本海から見ても直ぐに判る山です、GPS等が無かった時代は漁師さんが

漁場を定める目印の山だったり、船の航行の目印となり闇夜難航の時は信心

を以って明りを乞えば山頂に大燈光が見えて方向を得たという霊験あらたかな

山でもあります。

そんな山の麓で生まれ育った私です。

 

 

 

 稗原町方面から見た禅定寺山(鍋山)

 

 

 

 出雲方面から見た禅定寺山(鍋山)左側の白い建物は島根医科大学です。

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【本年も宜しくお願い致します】 2018年1月1日

 新年明けましておめでとうございます。

本年も住み心地が良くて丈夫で長持ちする家造りを邁進して行く所存で

ございますので宜しくお願い致します。

 

 初日の出が拝めませんでしたので床の間で初日の出拝

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【今年もお世話になりました】 2017年12月29日

 今年も余すところ2日と成りました、現場の方は昨日で仕事納めとさせて

戴きましたが、事務所の方は残務整理やお客様との打合わせ等有り明日

までバタバタです。

本年も色々とお世話になりました、来る年も変わりませず宜しくお願い申し

上げます。

新年は9日からの営業とさせて戴きますので宜しくお願い致します。

尚、正月休み中のお打合わせ、ご相談等は事前にご連絡頂ければ対応

させて戴きます。

それでは皆様よいお年をお迎え下さいませ。

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【好天に恵まれて】 2017年12月23日

 昨日、今日と好天に恵まれてソーラーサーキットの家の現場では外壁シラス

そとん壁の下塗り作業を行っているところです。

気温も上がり絶好の塗り壁日和となりました、おそらく今年最後の作業チャンス

ですので左官屋さんには祝日出勤をお願いしての作業です。

上塗り作業は残念ながら気温が上がる来年3月までお預けとなりそうです。

 

 下塗りにはクラック発生防止のファイバーメッシュを埋め込んでいる

ところです。

塗り壁の泣き所クラック発生防止にはウエーブラス仕様等最大限の努力

をしています。

 

 最後は上塗りの接着不良を防ぐため目荒らしをして下塗り完了です。

 シラスそとん壁は自然素材100%メンテナンスフリーの材です。

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【解体工事進行中】 2017年12月21日

 解体工事進行中の現場ですが、予定では今日完了の予定でしたが、雪の為

工事が遅れているところです。

 

 何せ海抜380mの処、未だ残雪も有りますが、朝方は急坂の道路は雪解け水が

凍結して、10時を過ぎないと廃棄物運搬のトラックが動けず作業が捗らない状態

です。

遠くには雪化粧した伯耆大山が見える眺めの良い処ですが、寒さは予想以上に

厳しい処です。

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【気密測定を行いました】 2017年12月17日

 

 今日は日曜日でしたがソーラーサーキットの家の現場、お施主様立会いの下

気密測定(テスト)を行いました。

断熱、気密施工作業が終わって断熱ラインを貫通する設備関係の配管気密処理

も全て完了して完成時と同じ条件にしての測定です。

気密に不具合が有っても補修が出来る、内部造作に入る前のタイミングでの測定

がベストです。

 

測定データーは測定器でコンピューター処理されます。

 測定結果は建物全体の隙間面積(総相当隙間面積)が11cm2(3.3cm角

の隙間)で建物面積で除すると機密性能「C値」は0.07cm2/㎡となり申し分

のない気密背能性能の結果となりました。

(測定器は四捨五入表示と成りますので0.1cm2/㎡となっています)

 

 お国は断熱性能数値は競わせますが、気密性能数値はあまり問わなくなって

来ましたが、断熱と気密はセットで考えないといくら断熱材を厚くして断熱性能

を上げても気密性能が悪かったら数値通りの断熱性能は出ません、絵に描いた

餅で机上の数値としか言えず意味有りません。魔法瓶の栓をきちんと締めない

で使用するのと同じ状態です。

今、流行の忖度が何処かに働いてると思うのは下衆の勘繰りでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【店番】 2017年12月13日

 アキでぇす、毎日お利口して店番してまぁす。

 

 

 外は時折白い物がちらついていますが、気密性の良い事務所の中はホワッと

した暖かさでつい眠気が来ます。

 アッ、お客さんだ!店番、店番。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

 

【初冠雪】 2017年12月9日

 今朝は出雲の北山も初冠雪、去年より一週間早い初冠雪です。

朝の犬との散歩も、段々と頬を撫でる風が冷たさから痛さに替わりつつ

あります。いよいよ冬本番といったところです。

 

 

 午後は来週から解体工事に着手する雲南まで打合わせに行って着ましたが

一面の銀世界、出雲から車で30分ばかりの処ですが全くの別世界でした。

昔から木造の家を建てるには「寒普請」が良いと言われていますが、天気と

相談しながら工事を進めさせて戴く事になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

【躯体検査】 2017年12月5日

 上棟から二週間経ち屋根工事も完了したソーラーサーキットの家の現場、

本日はJIO(日本住宅保証検査機構)による躯体検査を受けたところです。

指摘事項無しで合格したので、明日から窓サッシ取り付け、断熱材張りと

作業を進めることが出来ます。

次の寒波が来るまでに外壁下塗りをしたいと考えているところです。

仕上げ塗りは気温が上がりだす来春と成ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご意見・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

 

 
有限会社 伊東工務店 島根県出雲市大津町3614-55 TEL 0853-22-2031 FAX 0853-22-9495


▼過去の雑記帳